« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月24日 (月)

ピンダに使用されているハーブ

ピンダに使用されているハーブ


昨日は年に一度の東京マラソンがありました。
天候も穏やかで、東京中がキラキラと活気のある一日でしたね。

さて、
前回 

『ピンダ・スヴェダの効果』 

をお伝えしましたが、今回は実際PRAVAで使用しているピンダの中に入っているハーブがどんな効能があるのかお伝えしていきますね。


1.ボンツクショウガ・・ 消化不良、吐き気、筋肉痛、リウマチ

2.うこん ・・血液浄化作用、肝臓強化作用、皮膚のかゆみ・傷等

3.コブミカン・・殺菌効果、発がんリスク低減

4.りょうきょう・・芳香性健胃、発汗、解熱、鎮痛、整腸、駆風(くふう)、収斂(しゅうれん)

5.パチュリー・・ 抗菌作用、風邪予防、刺激的な香り、ストレス軽減

6.タマリンド・・ 疲労回復、整腸、メタボ予防、新陳代謝促進

7.シナモン・・シミ・シワ・たるみ予防・改善、抜け毛予防・改善、ダイエット効果、コレステロール減少、高血圧改善効果、血栓予防、冷え・むくみの改善、血糖値減少、殺菌・解毒作用

8.シダレトバ・・腱柔軟、健胃、便秘解消、利尿作用、精神安定、リフレッシュ

9.ショウブ・・冷え・コリ改善、血液循環促進、リュウマチ、リラックス、保湿

10.クリプトレピス・・筋・腱の緊張緩和

11.レモングラス・・血行・筋調整、むくみ・セルライト改善

12.グレープフルーツの皮・・抗酸化・消炎作用、老化予防、整腸効果、血中コレステロール値軽減、ストレス解消、抗癌、健胃


ずらーっとご紹介いたしましたが
地球上にあるごく自然に存在する植物が私たち人間に沢山の恵みをくださるのがわかりますね。
いただける恵みはきちんといただき
キラキラと活気のある人生を歩みたいものです。

|

2014年2月15日 (土)

ピンダスヴェダの効果

ピンダスヴェダの効果


先日も東京は大雪となりましたね。
皆さん影響はございませんでしたか?

私は、都会だし何とかなるだろうと思っていましたが甘かったです。。
予定は二つも中止。
油断のショートブーツで外出すると溶け残った雪に脚を取られるし、滑りまくり足首からびしょびしょの雪が入ってきたり、行きなれたいつもの道も普段の倍くらいかかったりと。
一人あわあわしていましたが、こればっかりは自然の摂理がなされること。
開き直って雪だるまは作らなかったけど、軽く雪遊びをしました(笑)
あ〜楽しかったぁ。

さてさて、

ここ最近PRAVAでおすすめのメニューがあります。
その名も

『ピンダ・スヴェダ』

ピンダ・スヴェダって??
と思われる方…沢山いらっしゃると思います。

ご説明いたします。

ピンダ・・「球」の意味。アーユルヴェーダ理論にのっとったハーブをブレンドして布で包み団子状にしたもの(レモン、蒸し米やミルクを使う場合も)
スヴェダ・・サンスクリット語で「発汗」という意味

ピンダは必ずオイルマッサージした肌へ使用しています。
ピンダを熱々に蒸し、更にオイルに浸したものをコリや滞りのある部位を中心にタッピングしたりこすりあげたりします。

・ハーブの有効成分が肌の深部へ浸透し薬効効果が得られる
・温熱により血液循環を改善し組織の新陳代謝を活発にする
・増加した血流が患部から余分な物質を運び出す
・発汗によるデトックス作用
・筋肉の収縮・緊張をほぐしコリや痛みを緩和
・心身のストレスバランスを調整、精神安定
・ハーブのアロマ効果、温熱効果により心身をリラックスさせ快眠を促す

以上のような効果が期待されます。
湿布療法と似たような作用があります。

本場スリランカでは、ピンダに使用されるハーブを近くの山などで採ってきて生のまま炒めたりして使用するのが一般的のようです。

自然のありがたい恵みそのままをいただくことのできるピンダ・スヴェダ。
恵みの力で心身を調え、満たしてくれるピンダ・スヴェダ。

一度、皆さんに体験いただけたらと思います。


長谷川博子

|

2014年2月 9日 (日)

ヴァータ増大に注意

ヴァータ増大に注意


土曜は記録的な大降雪でしたね。

北国生まれの私も今回の大雪にはとても苦戦いたしました。

さて、今回のような吹雪で寒い日はヴァータが特に乱れます。
そして今年のように寒くなったり、暖かかったり日々変化の多い気候もヴァータを乱します。

ヴァータが乱れると、
・不眠
・冷え
・肌や髪の乾燥
・便秘
・関節痛
・頭痛
・肩こり
・注意力散漫になる
・不安感が強まる
・そわそわ落ち着かない
・めまいがする
・神経過敏になる
・緊張する

などなど。。。
沢山の悪影響を私たちの身体にもたらします。

ヴァータを整えるには気持ちをゆったりと、身体を温めて心身をリラックスさせてあげましょう。
規則正しい生活を送るのも効果的ですね。


画像は大降雪明けの今日の空。

クリアに澄み切った蒼。

こうやって空をゆっくり眺めることも心のリラックスになりヴァータが落ち着きます。


長谷川博子

|

2014年2月 2日 (日)

冬の体調の乱れはオイルマッサージで整えましょう

冬の体調の乱れはオイルマッサージで整えましょう
皆さん
こんにちは。

2月4日は立春。

とはいえ日本の冬は続きそうです。。


まだまだ寒いこの季節、このような症状で悩まされている方は多いのではないでしょうか?

『不眠、疲労感』
『冷え』
『肌や髪の乾燥』
『筋肉のコリ、関節痛、頭痛』
『便秘』
『食欲不振』

一つでも思い当たるようなら、それはヴァータという性質が乱れているせいかもしれません。
ヴァータの乱れを整えるには心身を落ち着かせ、身体を温めてゆっくりと過ごすことが何より大切です。

その効果的な方法としておすすめなのがオイルマッサージです。
アーユルヴェーダで使用されるセサミオイルが体を温めると同時に乾燥も防いでくれます。
オイルマッサージをした日はゆったりと入浴し深い眠りにつきましょう。

きっと体調の変化に気づいていただけることと思いいます。


長谷川博子

|

« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »