アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは、5000年前から受け継がれるインド・スリランカで発祥した世界最古の伝統医学です。伝統医学の中でも特にアーユルヴェーダ・中国医学・ユナニ医学は世界三大伝統医学だと言われています。

インドでは、このアーユルヴェーダが医学として実践されていましたが、イギリスの植民地時代に西欧医学が好まれるようになってきた事で人々から離れてしまいました。

西洋医学は「病気を治す治療」なのに対し、アーユルヴェーダは「病気を治す医学」「健康な人の健康維持・増進のための医学」です。また生命とは「体・心・感覚器官・魂」であり、健康とはこの4つが純粋な状態であると考えています。アーユルヴェーダはこの全てにアプローチをかける広くて深い、ホリスティックな医学体系です。


アーユルヴェーダとは
アーユス「生命」ヴェーダ「科学・智恵」という2つの言葉から成り、「生命の科学」であり「幸せに生きるための智恵」を教えてくれる広くて深い生活法の理論です。インド・スリランカで発展した医学体系なので、日本の風土・文化とは合わないのではと思われるかもしれませんが、このアーユルヴェーダは私達が暮らす地球上のどこででも応用が可能な生命科学に関わる普遍的な理論なのです。

アーユルヴェーダでは、病気と健康のバランスを崩した状態であり、健康と病気を一つのつながりとして捉えています。健康を増進させる事は、病気の症状を改善させることと同じです。

プラヴァーは、伝統的なアーユルヴェーダ理論を日本の生活習慣に応用し、かつ現代的な医学の考え方も大切にしています。アーユルヴェーダのシンプルな生活法を基に、その人それぞれに合わせたアーユルヴェーダ健康法をお伝えしていきます。


 アーユルヴェーダトリートメントについて
アーユルヴェーダのオイルマッサージでは、アーユルヴェーダ独特のオイルを皮膚を通して体に浸透させていきます。体を温め、血液に流れる事で体の中の血液循環を良くします。そして、そのオイルは血液を通して骨にまで栄養を与えていくと言われています。体の中に栄養を浸透させる事で体の中の活力素(エネルギー)の流れを整える事で本来私達が持つ、「自然治癒力」を高めていきます。


 ハーバルオイル
○スリランカ人のアーユルヴェーダ医師、パーリタ・セラシンハ博士によってプロデュースされたハーバルオイルを使用します。
○セサミオイルがハーバルオイルのベースとなっております。
○スリランカの豊かな自然の力で育った9種類のハーバルオイルの中から、一人一人の体質や体調に合わせて選択します。
○セサミオイルは、オレイン・リノール酸・ビタミンA・B・E・ミネラルを豊富に含む抗酸化物質です。


オイルトリートメント
<こんな方におすすめです>
○体の冷え・乾燥・むくみを感じる方。
○最近、疲れがなかなか取れないと感じている方。
○ライフスタイルの変化を望まれる方
○日々の忙しさやストレスから解放させてリラックスした時間を過ごしたい方。


タイラヴィマルダナ
PRAVAでは一般的なアーユルヴェーダで知られているオイルを刷り込む事を目的としたアビヤンガではなく、リラクゼーションをも目的とした独特な「タイラヴィマルダナ」という手技を使います。
体の中によりオイルが浸透しやすくなるために、筋肉のコリや緊張にも優しく働きかけていきます。また、マルマと呼ばれるツボを刺激する事で、体の中の活力素(エネルギー)の流れを整える事で体に栄養を与えていきます。


自分の体質と体調について知る
また、アーユルヴェーダの特徴として体質論という物があります。全ての物は3つのエネルギー(ヴァータ・ピッタ・カパ)から成り、これらは私達の体の中にも同じように流れていると言われています。この3つのエネルギーの量によって体質が決まり、体調も変わってきます。この量は一人一人違い、100人いれば100通りの体質があると言います。これが、アーユルヴェーダで言われる体質論です。

※本来は、医師の診断、脈診、心理テスト、体質・体調のチェック表を事細かにチェックする事が必要とされていますが、ご自身でも簡単に体質の特徴について3つのステップを踏んでみていきましょう。

Step1 「自分の体質をチェック」へ >>